読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボードゲームのコミュニティサイト『ボドゲーマ』公式ブログ

ボドゲーマの公式ブログ(blog.board-game.jp)です。開発ノート、雑記、メモ等を書き残していきます。

2017年になったので、メモがてら「これまで」と「これから」の運営方針・開発予定の機能についての報告

こんにちは、若狭です。

2017年3月にボドゲーマが1歳を迎えます。いつもご利用してくださってる方、仲良くしてくださった方、これから仲良くなる方、今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

ボードゲームの総合情報|人気ランキング・レビュー・会員機能【ボドゲーマ】

f:id:hoobby:20170112123004p:plain

おかげさまで多数の会員登録をいただいたり、レビューや紹介文等(計2600件ほど)の投稿で充実し、ボードゲームのデータベースもオープン初期と比較して1.5倍くらいまで巨大化しました。思いのほかマイボードゲーム管理機能も好評です。

もともと、作り始めるきっかけは、妻がオススメしてくれたり、ボードゲーム会に連れてってもらったり、自宅でボードゲーム会を開催したことによる影響が大きく、どんどんはまっていくに連れて「なぜこんなに素晴らしいものが世の中に広がっていないんだろうか?…なるほど、情報受発信を加速させるWEBサービスが無いのか」と気付いたことです。

というわけで、まずは手を動かさねばと思ってデザインしたのがコレ。↑の画像と同じ表示箇所です。

f:id:hoobby:20170105135632p:plain

今とぜんぜん違いますね(笑)もはや原型がない。

なんでボドゲーマを作ろうと思ったのか

情報受発信の環境が整っていない中で、メーカー、デザイナー、通販、ボドゲカフェを行われていた方々が存在したので、僕が初体験する機会が生まれたと思っています。生産リスク、開業リスク、在庫リスクを背負ってもらっている人がいたから、今日まで市場が存続、日本でもボードゲーム黄金期を迎えるに至っていると感じています。

というわけでまずは、ボドゲーマを情報流通のパイプラインに育て上げることで、市場規模拡大=消費者増加、市場活性化のスピードアップ。つまり市場規模拡大のドーピングしたいと考えています。

なんで市場規模を拡大したいのか

  • 売れなかった商品が売れるようになったり。
  • 売れていた作品をガッツリ重版できるようになったり。
  • ロット発注量が増え利益率を改善、品質改善コストに充ててもらったり。
  • カフェが供給過多になるまえに人口増やして「需要過多」に引き上げたり。
  • 在庫リスクが軽減され絶版になる商品を減らしたり。

という感じです。

先駆者達がなぜ継続できているかというと、伝え方が上手だったり、求められる商品を提供できていたり、市場(消費者)に対して価値を提供できているから、対価(売上)を獲得できていると捉えています。市場にとって価値が高い事業者ともいえます。

その価値が高い事業者に加速/拡大してもらうことで、店舗や商品数が増えたり追随者を生み出すなど、ボードゲームを取り巻く環境がより良くなっていく気がしています。

ちなみに事業者が供給過多になってしまうと、お客さんの奪い合いになってしまうので「供給が増える以上に需要を増やす」ということを目標にしてサービスを巨大化させていきます。

もっとも、ほっといても需要が伸びる市場だと思うのですが、既存事業者にとって需要過多になるほど、供給過多が緩和されるほど良いはずなので、ボドゲーマは消費者を増やすために、出来ることは出来るだけやり、いけるところまでいくつもりです。

また、日本人ゲームデザイナーの作品についても「面白いのにみんな知らないだけ」「消費者が少ないから生産個数やコンポーネントのコストを抑えざるをえなかった」というケースが多々存在すると感じています。ボドゲーマは大型イベントのような一撃力はありませんが、日常的に作品の認知者を増やすことに向いていると思うので、同人作品も等しくデータベースに登録させていただき、ゲームデザイナーさんや各種大型イベントに対して援護射撃をしていきたいと考えです。

どういう方針の運営スタイルなのか

ボドゲーマが犠牲(赤字)になるだけだとサービス閉鎖へと繋がり、元も子もなくなってしまうので、サービスを維持するための収益化計画や資本政策はちゃんと考えています。既に愛用してくださっている方も、安心して引き続きご利用ください。

市場拡大を果たすために、ボードゲームに「興味をもった人」「趣味になりました」って具合に、消費者母数を増やすことが最も効果的だと考えました。ライトユーザーの市場参加促進エンジン、という感じのイメージです。

現状、興味レベルのユーザーが英語の作品紹介文を読みに行ったり、ファンブログにたどり着くのって難しいです。既にはまっている人はその存在を知っているから良いのですが、各サイトの存在を知らない人は当然「辿り着けない情報源」なのです。Amazonや楽天市場のランキングを見ても、興味関心を刺激する情報が少ないですし。

ライトユーザーが気軽に訪れることのできる便利で充実した「情報源」を提供することで、ライトユーザーに接触できる機会が生まれる、と考えました。Webサービスの開発能力を使ってボードゲーム業界を加速できるとしたら、まずはそこの部分からかなと思って現状の形に至っています。

勘の良い方はすぐ気付くと思うのですが「じゃあボドゲーマへの導線はどうするんだ?」という部分。ここは広告費やPR活動に費用をかけ、PULLではなくPUSHしていく方針です。費用は売上の中から捻出していく形で計画しています。

既存ボードゲーマーにとって最高に便利なサービスにしたい

ライトユーザーにとっての情報源は、既存ボードゲーマーの皆様に投稿のご協力をいただく形で情報が登録され、それをそのまま公開しています。そのため、既存ボードゲーマーの登録者数をかなり重要視しています。

出来るだけ多くの既存ボードゲーマーにご利用いただくために「こういう機能があったら良いのになあ」というニーズに応え、様々な用途を提供していきたいと考えています。何個も超便利な機能があれば「たまにはレビューでも書いてやるか!」的な方で溢れることを期待して・・。

あとは、ライトユーザー以上のライトユーザー(もはや潜在層)に対して、啓蒙活動から始めていきたいと思っています。例えば、子供向けボードゲームの記事はボードゲームとは無縁だったファミリー層にリーチするための施策です。

キャプテンリノの面白さが親御さんに伝わり、いつの間にか夫婦でジャイプルやりはじめ、子供が成長したら家族でアンドールやり始めて、中学に上がる頃には子供が友達とマンションオブマッドネスを遊ぶようになり、童心くすぐるコンポーネントに友達のオヤジまで興味を持ち・・・なんて連鎖が起きたらすげー!と妄想が止まりません。

チラ裏てきな妄想はさておき、

現状の改善/機能拡張案

・投稿の一時保存機能
・スマホアプリ化したい
・コミュニティ機能とかイベント機能とか作ってソーシャル性を強化したい
・メカニクス情報からもっと色々なゲームを辿れるようにしたい
・ランキングを1週間とか1ヶ月単位で集計したい
・会員の行動データや趣向データを分析した未知なるゲームのレコメンドエンジンを作りたい(ディープラーニング。AI的なやつ)
・フォローしてるユーザーのマイボードゲーム更新情報を表示したい
・スマホアプリ化(サクサク動く)

あと、事業者向けの機能をいくつか実装したいなあ。

技術的な改善

IT系の人しか分からないので恐縮ですが

・サーバー強化(通信が重い)
・PWA(Progressive Web App)の導入で爆速サイトにしたい
・プラグインとかフレームワークを全体的にバージョンアップ
・Reactに乗り換えるか?うーん、でも超大変そうだ

というあたりをふつふつと考えています。

最後に

冒頭に「明けましておめでとうございます!」と書きたかったところですが、時期を逃してしまいましたw

機能要望はユーザーの方の意見を参考にしてきたので、今後も継続してお伺いできればと思っています。「こんな機能つくってくれよ!」っていうアイデアがある方は、軽いノリで @pokkuri_daimaou@bodoge_hoobby にご意見いただければ幸いです。

長くなりましたが、改めて本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

人狼ハウスの「おおかみさんのおうち」に行ってきた

こんにちは、若狭です。

2016年12月23日にボードゲームの子供向けイベント、「おおかみさんのおうち」に行ってきました。こちらは急速拡大中の「人狼ハウス」の別館で行われています。というわけで早速、当日の雰囲気をお伝えします。

f:id:hoobby:20161227165057j:plain

ちなみに僕は、子供のボードゲーム体験イベントは積極的に参加しています。少し前にすごろく屋さんの「す箱」も行ってきましたが、写真等撮り忘れたので来年こそは記事にしたいと思います。

「おおかみさんのおうち」の特徴

  1. 700円でフリードリンク+おかし付き!
  2. 現役の保育士さんがついてて子供の扱いが完璧!
  3. 渋谷駅徒歩5分くらいでアクセス◎
  4. 子供同士の交流が和む

あたりが大きな特徴です。現役保育士さんがラインナップしたと思われるボードゲームが10個くらいあり、片っ端から遊んでいきました。たまにお隣の家族と一緒に。それでは、どんなゲームをどんな感じで遊んだか、紹介していきます。

Hasch Mich(キャッチミー)

f:id:hoobby:20161227165751j:plain

いきなり撮影ミスってしまいましたが(笑)

赤い紐の先に6色のネズミがくっついます。ダイス目の色に合わせて、ネコ役の人はその色のネズミを捕まえる(カップを被せる)、ネズミ役の人はネコから逃げる(紐を引く)。

保育士さんが息子の遊び相手をしてくれました。さすがに4歳児の反応は大人より遅いのですが、「ネズミさん逃げちゃうぞ~~早く捕まえて~」と幼児向けの接待プレイをしてもらいました。ここらへん見ると、さすが現役保育士。子供を夢中にさせるのはベテランです。

Serpentina(虹色のヘビ)

f:id:hoobby:20161227170150j:plain

ヘビをつくってくゲームです。

ヘビの体が2色のグラデーションで変化します。色と色が繋がるように配置していきます。頭と尻尾で閉じられたら完成。いわゆる運ゲーなので、ボードゲーム慣れしている息子にはちょっと物足りなかった様子。

KAYANAC(カヤナック)

f:id:hoobby:20161227170722j:plain

紙に穴をズボズボあける道具を使って、氷に穴を開けて釣り糸を垂らす。

釣り竿の先端には磁石がくっついてて、箱の中にある鉄の玉が釣り上げられるといったボードゲーム。釣り上げられるのが魚とか長靴とかだと子供のテンション上がったんだろうけど、なぜか鉄の玉だった。

これもいわゆる運ゲーですが、子供が喜ぶ仕掛けになってるのは見ての通りです。ちなみに穴があけられる氷の部分はA4の紙であればなんでもOK!

Rüsselbande(すすめコブタくん)

f:id:hoobby:20161227171204j:plain

他のプレイヤーのブタにのることが出来る(?)便乗OKのすごろく。ヴァリアントルール(ルール変更)でやっていたかも。

ボードゲーム慣れしている息子(ストーンエイジジュニアという、生産要素と記憶要素ありのすごろくゲームを遊べる)にはちょっと単調すぎたかもしれません。

これから数を覚える子に良いかも。ダイス目と進むマス数を一致させるという、至極普通なすごろくの工程が発生します。

Nino Conillo(うさぎのニーノ)

f:id:hoobby:20161227172112j:plain

5つの隅からウサギを逃がしていく感じのボードゲーム。ウサギかわいい。

ダイスを振って赤が出れば、赤の階段にウサギを配置。次に赤の目を出した人が、そのウサギを回収するという、いわゆる運ゲーです。

「自分が階段に乗せたウサギを他の人に持ってかれたーー!」みたいな感情があるかもしれません。ニーノをやる年齢層ではまだあんまり無いとおもいますが、この公平なルールに則り、有無を言わさず正当な権利者がウサギを回収していく様は、なんかの性格の矯正に役立つかもしれないなあ、と思いました。

イチゴリラ

写真を撮り忘れてしまいました(^_^;) 拡張型の神経衰弱ですね。1はイチゴ、2はニンジン、4はヨット、みたいな童話っぽいデザインになっています。

すごろく屋さんにいくといつもおいてあるので、次男が遊べるくらいの年齢になったら買いに行きたいなと思いました。

キャプテンリノ

こちらも写真を撮り忘れてしまいました(^_^;) 順番反転や2枚置きなどのウノ的ルールを排除して、みんなで高く積み上げてみようという遊び方でした。(ちなみに家ではママ・パパ・息子の3人で、正式ルールで遊んでいます。)

普段、子供同士が遊んでいる様子はなかなか見れないので、特にお父さん方は和むと思います。

オセロ

うちの子は年少なのですが、他の家族のお子さん(年中~年長くらい?)と一緒にオセロを遊んでいました。「挟んでひっくり返す」が上手く伝わらないので、どうインストするんだろうと思ってみていたら…保育士のお姉さんが「サンドイッチするんだよ~」と。

なるほど。こういう伝え方というか、言葉の噛み砕き方は、なんかすごく勉強になりました。

「おおかみさんのおうち」まとめ

 うちの息子はボードゲーム慣れしているせいか、はまってた!購入したい!と思うゲームは残念ながらあまりありませんでしたが、子供向けで有名なドイツのHABA社製のボードゲームが多数おいてあります。

 そこそこ喋るようになり、ちょっとした会話が成立しはじめる2歳~3歳あたりのお子さんが居る方は、ピンポイントなイベントかなーという印象です。

 たったの700円で数多くのボードゲームを体験できるので、非常に安上がりです。これから子供をボードゲームに触れさせてみたいと考えている親御さんは、一度参加してみてはいかがでしょうか。

「おおかみさんのおうち」で次回の開催日について告知があるかと思われます!

余談:ボードゲームが素晴らしいと思う理由

常日頃、ボードゲームには「面白さ」と「 素晴らしさ」を感じています。「面白さ」の部分は多くのボードゲームファンの方々と大きく変わらないと思うので割愛します。ボードゲームがもつ特性について思っていたことを書き残してみます。(まだボードゲームを遊んだことがないファミリー層の人に読んでほしいな)

1つ目:夫婦のコミュニケーション(内なる性格の発見)

 妻と交際してたときから割りと自分がリードしてきたのですが、改めてゲームの世界に限定して議論・駆け引き・押し引きしてみると、新しい(隠れていた)妻の一面を見ることができました。喜怒哀楽のポイントもそうですが、保守的になったり、勝負をしかけたりするポイントとかも見えます。

 「おおぅ・・まじか!大胆だな!」ということがよく起きます。交際時はMMORPGやFPSで、判断や指示を与えていたり、操作テクニックで負けることは無かったのですが・・(笑)ボードゲームになると普通によく負けています。

 ボードゲームを単純に楽しんでいるだけで、そんなパートナーの一面の発見があります。日常会話のなかでは発見しにくかった内面に触れられるので、我が家のサシゲー(2人用ゲーム)はどんどん増えてっています。

 もちろん家族でなくても、もともと親しい仲であれば更に土足で踏み込める(いい意味で)し、少し距離があるなら「これゲームだから!」を免罪符に遠慮を排除したコミュニケーションができます。(礼儀を保った範囲内でですよ!)

 ボードゲームには「交流」の部分(「会話」そのものというよりも「会話も含めた行動・思考の相互干渉」)に真髄を感じています。…物書きしてると、堅苦しい言い回しになってしまいますがご勘弁を(^_^;) ようは同じ空間にいるだけでお互いに影響を与えてるんだ、的なことです。

2つ目:子供のおもちゃ相手が死ぬほど退屈…という苦痛から解放

 ボードゲームを取り入れてから、親も一緒に(そこそこ~かなり)楽しみながら、子供とコミュニケーションできるようになったことです。

 積み木・ブロック・線路・電車がメインおもちゃだった時は、退屈すぎてスマホ片手に片手間で子供の相手をする感じでした。

 「おもちゃ」は子供の遊び相手に「なってあげる」的な献身の精神が必要です。「自分の子供なんだからちゃんと付き合ってあげようよ」と仰る方もいるでしょうが、これ、やってみると本当につらい。想像してみてください。一緒に積み木するということが、立方体の上に立方体をただ乗せつづるという作業であることを。ぐぬぬ…。30秒で飽きてまう…。

 そこで我が家に登場したのがボードゲームという遊び方。「おもちゃ」というか「ゲームとしてプレイを楽しむ」という一家団欒のアイテムです。実際、子供向けなので単調なものも多く、大人がすぐに飽きてしまうものは沢山ありますが。

 それでも、立方体の上に立方体(略)にはない、会話・笑い・ルールの記憶・配置の記憶など、勝敗(目的)を目指して遊べることで、大人もゲーム感覚で遊べるようになります。

 そんなわけで我が家では「知育おもちゃ」の出番があまりなく、子供が望んでボードゲームを出して一緒に遊ぼうと誘ってきます。多分、パパ・ママが楽しんで遊んでる状態が子供の目にもちゃんと写ってるんだと思います。子供にとってもそれが一番嬉しいことで楽しいことなんだと思っています。(もっとも僕の心が「知育おもちゃ」に耐えられないだけ、という話でもありますが(汗))

 そんなわけで、個人的に どうにかしてファミリー層にリーチしてボードゲームをおすすめしたい という啓蒙活動は、今後がんばってみたいなーと個人的に考えています。

ゲームマーケット2016のまとめ

ボドゲーマ管理人の若狭です。ゲームマーケット2016秋の記事をまとめました。

レポート系記事 46件

ふーかさんのブログで当日のレポート系記事が46個(2016年12月19日時点)まとまっていました。寝る前にちょびちょび読んでいこうと思います。

fu-ka.livedoor.biz

■制作者向けのアンケート

Pen and Diceのroyさんが実施していた、制作者向けのアンケート。79名(2016年12月19日時点)から回答を得られたそうです。特に気になる部分は、ずばり「儲かってるのか」というグラフ。全体的にかなり興味深いデータになっているので、一度見てみてはいかがでしょうか。

roy.hatenablog.com

しかし、赤字が常に見え隠れするような状態でゲームを制作してもらっている=僕らの手に届いている、ということを考えると、どうにか支援していきたい気持ちが強くなります。

■次回の神戸ゲムマと東京ゲムマについて

2017年3月12日(日) 10時~17時 神戸で開催される次回ゲムマの概要が掲載されています。次回の東京ゲームマーケットは、今回のカタログで「5月12日(日)」となっていましたが、「5月14日(日)」が正しいようです。(詳細は公式の訂正文参考)

gamemarket.jp

■ちなみにBGGのゲムマレポートは…

世界最大のボードゲーム情報サイト『BoardGameGeek』では、前回ゲムマのレポートを管理者のW Eric Martinさんが書いていました。そのうちレポートが上がることを期待しています!

Blogs | Profile | W Eric Martin | BoardGameGeek

※ところでBGGはデザインのリニューアルが頓挫しているように見えますが、なんか問題があったんでしょうかね。Donate募集中みたいなので、これがデザイナーへの発注費用になるんでしょうかね。

■ボドゲーマのゲムマ2016新作リスト

ゲームマーケット2016秋(東京)のボードゲーム 237個【ボドゲーマ】

こちらにタグ付けてまとめておきました。TGiWさんに公開されていたリスト+Twitterで発見したサークルさん+ゲムマのページ等から一人人海戦術で登録しました。(なかなかしんどいです^^;)

ちなみになんで同人作品を頑張って登録しているかというと「同じくらい面白いなら外国産より国産ゲームをプレイしてほしい」と思っているため。まぁ、そうなれば嬉しいから頑張ってみるかという自己満足でしかありませんが、イチローが活躍するニュースを見てニヤニヤする感じです。

メイドインジャパンに誇りを感じちゃうタイプなので、次回も頑張って登録したいと思います。

あと、どさくさでボドゲーマの黄色っぽかったナビゲーションが、青くなりました(笑)全体的に配色がポップなので、もうちょい今風のデザイン(ペッタリしたビビッド~パステルの間くらいのやつ。いわゆるMaterial UIっぽい感じ)に変えていこうかなと思っています。

ブログの更新内容について

こんにちは、はじめまして。若狭という者です。

「ボドゲーマ管理人 @bodoge_hoobby」を名乗ってみたり、「ぽっくり @pokkuri_daimaou」を名乗っています。このブログでは本名を出していきます。

「ゆくゆくは複数名で運用していきたいなぁ。でもそんなにネタないなぁ。」なんてことを思いつつ…とりあえず結構前に購入してたドメイン「board-game.jp」が勿体無いので、とりあえず購入していた「はてなブログPro」でブログでも運用してみるかぁと考えた次第です。

(サブドメインじゃないと運営出来ないんですね。。知らなかった。)

ちなみに、ボドゲーマには公式コラムというガッツリ系の記事が配信されていますが、こちらのブログではもっとライトな話題や、プライベートも入り混じった話をもっとくだけた形で書いていきたいと思います。「◯◯さんの本が出たー」とか「ボードゲームの新しいサービスが出たー」とか、ボドゲーマのコラムで書くと変なので…。

というわけで、ただのブログとして運用していく予定です(笑)

過去、途中でめんどくさくなってブログを放棄するなんてことが7回くらいあったので、ツイート以上~日記以下くらいのボリュームで更新していこうと思います。

あと一応、サービスの更新内容やリリースノート、ユーザーから寄せられた機能案などもメモとして残していきます。たぶん。

それでは今後ともよろしくお願い致しますm(__)m